※Yahoo!Japanカテゴリ登録サイトです。

自然食、自然派育児、4児ママ美帆のハッピーナチュラルブログ

ナチュラル大好き!自然派生活をご紹介
ハッピーナチュラルブログheader-img

※リンク、ご紹介は大歓迎です
※取材のお問合せはこちら

ハッピーナチュラル公式サイト

ハッピーナチュラルメルマガ
ハッピーナチュラルコーポレートサイト
LINE

シルク全身保湿ジェル
びわ
野菜
ナプキン

miho'sおすすめ

まざーずはーと

 油は体に悪いのか? 取りたい油、取らない方が良い油は?

 

このところ、集中して栄養学の

勉強をしています。

 

今日はよく聞かれる油について

書いてみます。

 

 

体に悪いから油をとるのは

やめているとか、

太るから油は一切口にしない、

という話も聞いたことがあります。

 

本当に油は体に悪いのでしょうか?

 

油について、考えてみます。

 

栄養学を学ぶと、

 

油は私たちの体にとって

必ず必要なものだということが分かりました

 

(現在、私は、KIYOさんこと、

南清貴先生の栄養学講座に通って学んでいます)

 

油が私たちの体に必要な理由についても

よくわかりました。

 

簡単に書くと、

 

油は、私たちの体の細胞膜の

成分の一つであること、

 

またアレルギー反応をコントロールする

ホルモンの一部になるなど

重要な役割も担っているからです

 

油を一切取らないということは、

体の役割がきちんと機能しない恐れがあります。

 

油を一切取らないダイエット

というのは、

決して体に良くないということが言えますね。

 

ランキングに参加しています!↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 

ブログ応援クリック!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 

 

では、油なら何でも摂取すれば

良いのでしょうか?

 

どんな油が体に良いのでしょうか?

 

油の種類が重要なのです。

 

一口に油といっても、油の種類によって

質が全く異なるので注意が必要です。

 

油には2種類あって、

 

自然界に存在する シス型脂肪酸と、

自然界にはほとんどなくて、工業的、化学的に合成された

トランス脂肪酸があります。

 

ひとつ前の記事で詳しく述べたように、

 

『トランス脂肪酸』は、EUやアメリカでは

使用自体が禁止される、体に非常によくない油ですから

決して取らない方が良いです

 

トランス脂肪酸は、糖尿病はじめ、数多くの生活習慣病

に深く関連していますので、特に

 

乳幼児、妊婦、子供は、避けるべきものです。

 

 

トランス脂肪酸と言われてよくわからない方は

 

マーガリン、ショートニングを含むクッキーやケーキ、

菓子パン、ファーストフード、レトルト食品、

市販のカレールゥ、缶詰

などを食べないようにすると良いです。

 

 

 

トランス脂肪酸は決して取ってはいけないくらい

体に良くないその油ですが、

 

それ以外の自然界にあるシス型脂肪酸の中でも

 

『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』


があります。そのうちの不飽和脂肪酸が

体に必要な良質な油だと言われてます。

 

飽和脂肪酸は、動物の油に含まれていて、

大気中で固形です<とりすぎると

生活習慣病などの病気が危惧されます>

 

不飽和脂肪酸は

主に植物性の油に含まれていて、

大気中で液体です

 

 

不飽和脂肪酸である

オメガ3,6,9の油は、体に良い働きをする

質の良い油であるといわれます

<ただし、油の酸化には気を付けてくださいね>

 

では、不飽和脂肪酸とはどんなものか?

3種類あります。

 

オメガ3<必須脂肪酸>

※特に熱に弱いので70°以下で使う

亜麻仁油

・しそ油

えごま油

・インカインチオイル

 

オメガ6<必須脂肪酸>

※炒めものにはOK、170℃未満で使う

ごま油

・コーン油

なたね油

・大豆油

・ひまわり油

・ベニバナ油

 

オメガ9 

※加熱向き

・オリーブ油

・つばき油

 

 

このように、オメガ3、6,9といった

油を用途に分けて食事に取り入れると良いですね

 

比率は、オメガ3と6を1対4以下で使うと良いと

多くの栄養学者は述べてます。

 

私は常日頃から、炒め物には、

エキストラバージンオリーブオイルか、

太白ごま油を使っています

 

通常の炒め物には、太白ごま油などが

大容量で使いやすかったですが

 

最近は、オメガ3と6を1対4の比率で

使うためにも、

亜麻仁油を積極的に生でとったりします

 

あとは、長江さんの自然栽培の

えごま油などは最上級ものです。

安心して、良質なオメガ3を豊富に

とれますね。

 

そして加熱に最も強い

エキストラバージンオリーブオイル

揚げ物にも使っています。

これがかなり美味しくて驚いてます。

 

 

人間には、もともと油が必要ですから

油の摂取量がすくないと

 

もっと油をとって!!!

油がほしい!!!

 

という体の非常に強い欲求が起きてきます

 

ですから、その欲求が起きてくる前に

良質な油をとっておけばいいのです。

 

 

そのために、亜麻仁油

 

えごま油などの

 

オメガ3系の油を生でとることが

良いのですねーー

 

こうして、揚げ物などを不必要に

欲したり、外食で揚げ物がむしょうに食べたくなる

なったりも少なくなるそうですので

 

ぜひ!!

 

オメガ3系の油をとりたいですね。

 

 

 

私がおすすめしているオメガ3系の油は

えごま油や、亜麻仁油です。

 

とくにオメガ3のえごま油は、

 

長江さんが心を込めて育てたえごまの実を、
丁寧に絞って作りました
 
低温で抽出しています


熱に弱いαリノレン酸(オメガ3脂肪酸)もより豊富です。
サラダのドレッシングやおひたし、

冷奴など熱を加えない料理におすすめです。

 

【えごまの絞り方法について】

長江さんの油は、高熱をかけない特別な

低温圧搾法(コールドプレス法)で製造しています。

生一番絞りの特上の油となります。

一滴一滴しぼりとった一番搾りの油です。

 

【低温圧搾法について】

低温圧搾法は原材料に圧力をかけて油をしぼりだす方法で

手搾りや機械でプレスして油を抽出します。

 

植物本来の性質、成分を保持したオイルで、

搾りカスは濾過して取り除きます。

 

この方法では自然に近い形のオイルが取れます

手間暇をかけているため、高価になりますが、

一番体に吸収されやすいため

栄養価も高い、貴重なオイルとなります。

 

在庫限りの限定生産品です。残りわずかとなってます。

 

【召し上がり方】
★なるべく生のままお召し上がりいただくことをおすすめいたします。
★スプーンにとってそのままで、又お料理ではドレッシングに使ったり、
 味噌汁・煮物・和え物等の仕上げに少し加えると味にコクが出ます。

 

ランキングに参加しています!↓

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

 

 

 

えごま油や亜麻仁オイルなどオメガ3系油を使った

料理のレシピはこちらです

 

  

 




2016.11.01 Tuesday 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |  
<< トランス脂肪酸の恐怖 口にしてはいけない | top | 食は自分への投資 >>