※Yahoo!Japanカテゴリ登録サイトです。

自然食、自然派育児、4児ママ美帆のハッピーナチュラルブログ

ナチュラル大好き!2男2女のママです。ベジタリアン、自然食、ケミカルフリーなど自然派生活を紹介しています。
Miho's ハッピーナチュラルライフ

Loading

※リンク、ご紹介は大歓迎です
※取材のお問合せはこちら

mail-letter-2.jpg

miho'sおすすめ


はじめての方へ

 ありがとう効果



昨日、土曜日は朝から忙しい一日でした。
子どもたちは、久々に絵の具で遊びたい!と
言うので、リビングに新聞を敷き詰めて
絵の具大会★
楽しそう・・。

で、案の定、終わったら
手も足も顔も絵の具
だらけになったけど、
満足げな子どもたちの顔
をみて私もうれしかったです。

さて、今日は実は、昨日書いた
「ありがとうの効果」を実感した日でした。

実は、朝から珍しく
精神的にショックな出来事がありました。

子どもたちと生活していると、
仕事をだけをしていた時期とは違って
子どもたちに癒されることが多く
忙しくても、仕事でのストレスのような
どうにもならない人間関係に悩む
というような出来事は少なくなりました。

考えてみると、主に
通訳者として外で働いていたときと、
今子育てをメインで
在宅で翻訳者としての仕事を細々と
続けている状態とはやはり異なります。
今は、どちらかというと、人間関係も
自分で選んで、心地よい方向に
いくことができる・・という、恵まれた
環境にいるんだと思います。

外でお仕事をされている方は
どうにも逃げられないストレスと
向き合いながら日々すごされていると
思うと、やはり大変なことだと思います。
本当にお疲れ様です。

さてそんな恵まれた環境にいる
私ですが、久々に精神的にストレスを感じ、
その瞬間に、「あっ、これは不味いな、
ちょっと自分の気持ちをセーブしないと、
プラスに転換しないと、よくないな」
と感じました。

起こったことには意味がある
と考えているので、
「ありがとうございます」
とプラスの気持ちで、この出来事から
何かを学ぼうという気持ちでいました。

そのまま、午後になり、
私が作ったのは昨日の鍋の残り野菜
をつかったカレースープ。

ここで気がつけばよかったのですが、
私の身体の弱点は胃です。
人間はストレスなどを感じるとやはり
自分の弱い部分にくると思います。
私は朝の出来事で胃が弱っていたところに
カレーという香辛料をいれてしまって、
きっと胃がびっくりしたのでしょうね。

実は、この日の午後からは、
子どもたちを預けて
50〜60人の前で5分間だけですが、
プレゼンテーションをする役目がありました。
その会場に到着し、久々のたくさんの人や
会場の暖房、長い待機時間などの間に・・
珍しく私は、体調を崩してしまったようです。

突然、胃がキリキリと痛み出しました。
痛くて痛くて大変です。
座っているのも苦痛になってきました。
ああ、久々にあの痛みです。
何年ぶりでしょう。

一緒に出席していた親友が、
気を利かせてくれて、会場の外にでて
いい空気を吸うようにアドバイスしてくれたので
預けていた子どもたちを連れて、
近くの公園まで行きました。

外はとても空気がきれいで、
心地よい風がふきます。
ベンチに腰掛ながら、

胃をさすりながら、ずっと
ありがとう」といい続けました。
「私のストレスを受けてくれてありがとう」
「食事を一生懸命消化しようとしてくれて
ありがとう」


とそうですね、30分は言い続けました。
子どもたちは一緒に来てくれた別の友人と
それはそれはうれしそうにはしゃいでいます。

その姿をベンチに腰掛ながら
見つつ・・
「ありがとう、ありがとう」
といい続けて30分、

胃の痛みは消えました。
不思議でしたが、昨日自分で書いた
ありがとうの不思議を実感した瞬間でした。

す〜っと胃の痛みが抜けていって
それからはずっと胃の痛みはなくなりました。
急に食欲がでて、
帰宅して、マクロビ酢豚!を
作って2杯も食べて
子どもたちとお風呂に入り、
寝てしまいました。

「ありがとう」ってすごいなぁと
思いました。

夜、子どもたちを寝かしつけながら
「suちゃん、koちゃん、○○(お腹の子、
実はもう名前決めてます!)ママの
ところに来てくれてありがとう」
っていいました。

そうそう、お風呂でsuちゃんは
明日も休みだから、どこか行こうと思い(パパは出張)
「suちゃんはどこが好き?どこが好きな場所?」と
聞くと、
「ママののおなかが好き。お腹の中にいたよ。
ママの顔も、ママの髪の毛も、ママの鼻も
ママの手も全部大好き。大好きな場所」
って言ってくれた。

ありがたいあなぁ。

子どもたちは、どんなママでも、完璧なママじゃなくても
私をいつも受け入れてくれて
いつもいつも、どんな時でも、裁くことなく
大好きでいてくれる。
そんな存在


私も子どもたちがいてくれること、
子どもたちの存在にずっと感謝していきたい。
自分の思うような子どもに育てるのではなく
子どもたちのいのちが輝くような
そんな子育てがしたい。

うまくいかないときは、
自分で自分のことを振り返りながら
子育てをしていきたい。

3人の子どもたちに、いいたい。
ママのところにきてくれて、
本当に本当にありがとうと。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村




2008.03.09 Sunday 07:30 | comments(8) | trackbacks(0) |  
<< 簡単肉じゃが 「ありがとう」の不思議 | top | ごぼうの丸煮 >>